tomomo13’s diary

自分の好きなように書いていきます。目指すはエッセイスト

朝ラー!サンヨー食品『博多純情らーめん ShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん』を食べてみた!

そう、最近やたらと唐揚げ専門店が近所に出来ています。

その内の1件はテレビ取材や芸能人が来ていてサイン色紙もありますが、他の唐揚げ専門店は微妙なんですよね。

ちょっと前にブームとなったタピオカ屋さんも近所にまだ健在。

そのタピオカ屋さんはマスク不足の時に1箱3,000円以上で売っていた時期があって、ちょっと前から唐揚げも売っているんですよね・・・

なんか怪しすぎるから1度も行ったことはないけど、何でもアリのタピオカ屋さんに変身していくのがとっても謎ですね。

 

 

今日の朝ごはん

サンヨー食品『博多純情らーめん ShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん』です。

f:id:tomomo13:20210414094731j:plain

久しぶりの朝ラーメンです!

気になったので買ってみました!

発売日は2021年4月5日。

価格は230円位だったかな、それ位のお値段。

 

博多らーめんShinShinは2003年10月に福岡の天神に誕生。

福岡らしく豚骨ラーメン専門店。

福岡限定ではあるけど、行列が出来るほどの人気ラーメン店になっています。

 

『博多純情らーめん ShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん』は炊き出たポークをベースに、鶏ガラや香味野菜を合わせた豚骨ラーメン。

麺は博多流のストレート細麺。

 

蓋。

f:id:tomomo13:20210414094846j:plain

蓋に書かれている情報量が多すぎ。笑

朝から正直この色文字ってかなりきつかったです。

青に赤文字ってなかなか見かけないですね。

 

基本はお湯を入れて2分。

博多ラーメンは基本選べるので、このカップラーメンも待ち時間で【超カタ麺】【カタ麺】【普通】と選べるようになっています。

tomomo13はオススメの2分【カタ麵】にします。

 

側面その1。

f:id:tomomo13:20210414094936j:plain

販売者はサンヨー食品で、製造所は太平食品工業。

太平食品工業はサンヨー食品株式会社のグループ会社。

 

蓋の文字に目がやられてしまい(バルスかよ・・・笑)

原材料名はさらりと紹介。笑

豚骨ラーメンなのでスープにはポークエキス・豚脂が配合。

他にもチキンエキスが入っているようです。

火薬は鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、キクラゲ。

 

側面その2。

f:id:tomomo13:20210414095041j:plain

今現在店舗があるのは5店舗。

◆福岡天神本店

◆博多住吉店

◆博多デイトス店

◆KITTE博多店

◆アミュプラザ小倉店

 

 

栄養成分表示(1食98g当たり)

エネルギー:456㎉

たんぱく質:11.8g

脂質:20.1g

炭水化物:57.0g

食塩相当量:6.1g

ビタミンB1 :0.39㎎

ビタミンB2 :0.52㎎

カルシウム:223㎎

 

仕上げの小袋。

f:id:tomomo13:20210414095109j:plain

カップラーメンによくあるやつ。

香味油だと思います。

 

開封。

f:id:tomomo13:20210414095203j:plain

火薬は鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、キクラゲはちゃんとあるが、全体的に意外と少な目な印象。

調味粉末が若干多いかなって感じ。

 

出来上がり。

f:id:tomomo13:20210414095255j:plain

2分経過して【仕上げの小袋】を入れてみました。

仕上げの小袋は無色透明の香味油で、入れることで豚骨ラーメンの香りがマシマシになりました。

 

 

 

食べてみた感想。

一口食べると普通のカップラーメンにある豚骨ラーメンだなと感じましたが、底の方に【仕上げの小袋】が沈んでいるようで、しっかり混ぜて食べるとShinShinの味なのかなと言うのが伝わってきます。

具材のお肉は正直いらなかった感じ。

チャーシューの方が良かったかな。

麺は博多ラーメンらしい感じのカタ麺で美味しかったです。